BlogTop > スポンサー広告 > トラジション・タウンセミナー&ワークショップ 2009年7月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://pcnq.blog115.fc2.com/tb.php/38-1f71896e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from パーマカルチャーネットワーク九州

BlogTop > スポンサー広告 > トラジション・タウンセミナー&ワークショップ 2009年7月5日

BlogTop > イベント > トラジション・タウンセミナー&ワークショップ 2009年7月5日

トラジション・タウンセミナー&ワークショップ 2009年7月5日

今住んでる地域をエコビレッジ化するツールとして、トラジション・タウンという市民による草の根運動が最近注目されています。また横文字かと思われるかも知れませんが(^^ゞ、知れば知るほど素晴らしいなあと思い、多くの方に知っていただきたいなという想いで今回のイベントを開くことになりました。

今回のセミナーでは、将来ピークオイルや気候変動の影響を受けながらも、地元で楽しく暮らし続けられる社会へ移行するトラジション・タウンの12のステップを学び、ワークショップではみんなで持続可能な社会について考えるワークを、ワールドカフェというスタイルで行います。
講師は、トランジション・ジャパンの榎本英剛さんと葉山で実際にトラジション葉山を立ち上げて活動をされている吉田俊郎さんです。

このセミナーを通じて、協働できる仲間作りができたらと期待しています。一緒に地元でトラジション・タウンを立ち上げよう!

今回一緒にイベントを手伝って頂くスタッフも募集していますので、お気軽にご連絡くださいませ。メール info@pcnq.net 担当 山口

イベント詳細は下記です。転載歓迎(^o^)

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
石油が無くなった未来は、きっと豊かで楽しい
トラジション・タウンセミナー&ワークショップ
2009年7月5日 午後1時30分~4時30分 熊本県民交流館 パレア
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

~今注目されている”トラジションタウン”とは~

トランジション・タウンとは、ひとことでいえば、既存の町や市といった地域をエコビレッジ化していく運動です。トランジションという言葉は、「過渡期」「移行」「移り変わり」という意味です。何から何に「移行」するのか?
それは、「安くて大量の化石燃料に依存しきった脆弱な社会」から「地域をベースにした、しなやかで強い社会」への移行を意味します。とはいえ、特別な社会組織や特殊なイデオロギーが念頭にあるわけではありません。「移行」する「先」にある社会の姿は、地域によって違いがあるのは当然で、その姿は「行動しながら考えればいい」。それがトランジション運動の考え方です。エコビレッジ運動が、あるべき姿に突き進む目的志向だとすれば、トランジション運動はプロセスに重きを置いたプロセス志向という言い方ができるかもしれません。

◆ トランジション12のステップ

第1ステップ:コア・グループを結成しよう
第2ステップ:みんなで問題を考えよう
第3ステップ:関連団体と連携しよう
第4ステップ:大々的にお披露目をしよう
第5ステップ:ワーキング・グループを形成しよう
第6ステップ:創造的なミーティングを開こう
第7ステップ:目に見える実例をつくろう
第8ステップ:基本的な技能の再習得を促進しよう
第9ステップ:行政機関との協働関係を築こう
第10ステップ:お年寄りから学ぼう
第11ステップ:流れに任せよう
第12ステップ:エネルギー消費削減行動計画をつくろう

これまでの社会運動、環境運動が同じ志、同じ目的意識を共有することから始まることが多いのに対し、トランジション運動では、共有すべきなのはピークオイルに関する認識
とそれを乗り切るための低炭素社会の実現だけです。それ以外は、どんなイデオロギー、どんな思想を持っていても協働できるのです。
(ここまで引用 http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/report/rpt_46.html

もっとトラジション・タウンに関する事を知りたい方は下記のサイトをご覧くださいませ。
・トランジション・ジャパンのホームページ http://www.transition-japan.net/
・日本語版トランジション手引書のダウンロード(PDFファイル)
http://www.transition-japan.net/information/transition/primer.pdf

■講師紹介
・榎本英剛 (ヒデ) / 藤野町
スコットランドのエコビレッジ、フィンドホーンにて持続可能な暮らしについて学んでいた2007年にトランジション・タウンを知る。帰国後、神奈川県藤野町に住み、トランジションジャパンとトランジションタウン藤野の活動に携わっている。
トランジションタウン藤野のブログhttp://blog.canpan.info/team-80/
・吉田俊郎 (しゅんろう) / 葉山町
葉山の仲間と環境に配慮した町づくりのマニュフェスト作りで新しい町長選が当選し、友人に誘われトランジションのトーニングを受けそれを実践するため。
現在は米や野菜を作る農的生活をしながらトランジション・ジャパンの活動とトランジション葉山の立ち上げに携わる。トランジション葉山のブログ http://tthayama.blog10.fc2.com/

■日時、場所
日程 7月5日(日曜日)
午後1時30分~2時30分 セミナー
午後3時~4時30分 ワークショップ
場所 熊本県民交流館 パレア 会議室3
(〒860-8554 熊本市手取本町8番9号 テトリアくまもとビル 9階・10階)

■募集人数 45人
(*託児希望の方はご相談ください)

■参加費
セミナー     500円
ワークショップ 500円

■お申し込み方法・締切り
WEB、メール、お電話、FAXにてどうぞ!
締切りは6月30日(*定員に達し次第締めきります。)
・WEB申し込みフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=434829
・メール・FAX
メール info@pcnq.net FAX 0968-71-1106
下記をご記入頂きお送りくださいませ。※は必須項目
---------------------------------
名 前 ※
メールアドレス ※
住 所 〒 -
TEL
携帯電話
セミナー参加 する・しない※
ワークショップ参加 する・しない※
備考
---------------------------------
・電話
0968-71-1106

*セミナー・ワークショップ終了後に懇親会を予定しております。
会費 3,000円程度 会場 未定
申し込みの際に備考欄へ”懇親会参加希望”とお書きください。


■主催
NPO法人パーカカルチャーネットワーク九州
〒865-0008
熊本県玉名市岱明町野口918-1
TEL/FAX:0968-71-1106
E-mail:info@pcnq.net
担当 山口 携帯090-4485-3985

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://pcnq.blog115.fc2.com/tb.php/38-1f71896e
Listed below are links to weblogs that reference
トラジション・タウンセミナー&ワークショップ 2009年7月5日 from パーマカルチャーネットワーク九州

BlogTop > イベント > トラジション・タウンセミナー&ワークショップ 2009年7月5日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。